たんこぶ 原因 症状 処置 治し方 対処法

転倒などが原因でたんこぶの症状が出た時の治し方、処置、対処法

スポンサーリンク

 たんこぶとは簡単に説明すると頭部で起こる内出血のことを指し、医学用語では頭血腫と呼ばれています。
 具体的な説明では、例えば殴られるや転倒などが原因で頭部に強い衝撃を受けた時に、皮膚の下にある血管が破れてしまうことがあります。
 この場合破れた血管からは血液が流れ出しますが、血は体外に出ることなく負傷場所に溜まり続けます。
 血液が体の外に流れ出す出血が起こらない理由は、皮膚の表面上に擦り傷などの血の抜け道がないからです。
 以上の現象は外見では負傷場所の皮膚がポコッと膨らんでいるような状態となって現れ、この膨らんだこぶをたんこぶと呼ばびます。
 ちなみに似た原因や症状ですが、負傷場所が異なる内出血と呼ばれる怪我があります。
 赤ちゃんや子供がたんこぶを作ると、中には触ると柔らかい状態の場合があります。
 心配する親がいますが、これもたんこぶの症状の一種になります。
 慌てずに正しい治療処置や対処法と行うことにより負傷前の状態に戻すことができます。

スポンサーリンク

 たんこぶの治し方についてです。
 まず、優先的な対処法として患部を冷やすことです。
 これは痛みを和らげる他に体内で起こっている出血の症状を抑える効果があります。
 しかし、中には衝撃の強さや打ちどころが原因で、外傷や状態が悪いことがあります。
 特に酷い場合や意識がない場合は救急車を呼ぶ処置を行ってください。
 状態が安定している場合でも患部の冷却処置を忘れずに行います。
 目安として1日ほど濡れタオルや保冷剤を使って患部を冷やし続ける対処法を行いましょう。
 ここまでが一般的な治し方になりますが、治し方を間違えると状態を悪化させてしまうことがあります。
 例えば、患部に加温や刺激を与えてしまうと抑えていた出血を促す恐れがあります。
 入浴時には十分に注意してください。
 その他にたんこぶの大きさで症状を判断する行動は危険です。
 たんこぶが小さいから症状が軽いと考えてしまう人がいますが、全く根拠はありません。
 打ちどころや衝撃の強さによっては、見た目が小さいこぶでも実は深刻な状態だった場合があるため安易な判断はしないでください。

 

 当サイトのカテゴリー一覧です→

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加