たんこぶ 病院 何科

たんこぶが出来た時何科の病院を受診すれば良いのか

スポンサーリンク

 外部から強い衝撃を受けると患部にたんこぶが出来てしまうことがあり、症状によっては病院を受診して治療を受ける必要があります。
そこで何科を受診すれば良いかについてですが、大人の場合には外科を利用すれば問題ないです。
たんこぶという症状が起きてしまった場合には、脳に何らかの異常が発生している可能性もあります。
そのため症状の事前確認をするということで、何科を受診するかについての応えは最初は外科となっています。
そこでたんこぶが出来た経緯などを医師に説明していき、その後応急処置をすることが多いです。
これで数日から数週間ほど様子を見ることが多く、その結果次第で次に進むことがあります。
ここで何も異常がなければ、治療が完了し病院へ再度通院する必要はないです。
ですが応急処置でも症状が回復しない時には、脳神経外科でさらなる治療をしていきます。
脳神経外科であればより詳しく検査が出来るので、効果の高い治療を受けることも可能となっています。

スポンサーリンク

 大人がたんこぶが出来てしまった時には外科または脳神経外科を受診する流れとなり、近くの病院に通院する形となります。
しかし子供にたんこぶが出来てしまった場合には、少し事情が異なっています。
子供の場合に何科を受診するかについてですが、最初に外科ではなく小児科を利用していきます。
小児科では子供の色んな病気を扱っている診療科なので、そこで怪我や頭部の様子を医師に確認してもらいます。
小児科で確認する内容として、子供に対して自分の名前が言えるかやたんこぶが出来た原因などを確認していきます。
これは脳に異常が発生していないかを調べるためであり、この質問の答えによって症状を把握していきます。
スムーズに回答することが出来れば、応急処置をしてすぐに帰ることが出来ます。
ですが逆に異常が認められた場合においては、小児科が提携している総合病院を紹介されることがあります。
そこでより詳しい脳の検査などを受けていき、具体的な治療方法などを検討していきます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加