赤ちゃん たんこぶ 後頭部

赤ちゃんの後頭部にたんこぶが出来た時の対処法

スポンサーリンク

 はいはいや立ちあがり、歩き始める頃に転んだりする事が多く心配になりますよね。
赤ちゃんは頭が重たくバランスがとりずらいのでしっかり歩けるようになるまでは目が離せません。
よろけて後ろから転倒したり、テーブルなどの角にぶつかって後頭部にたんこぶが出来てしまう事もあります。
特に赤ちゃんの頭は頭蓋骨が完全に閉じていないため、とても心配ですよね。
後頭部などにたんこぶが出来た際、病院に行く基準はどうしたら良いのでしょうか。
まず転倒した後、すぐに病院に行くのではなく赤ちゃんの様子を見ていつもと何か変わった様子がないか確認しましょう。
目線が合うのか、また呼びかけに反応するのか見ましょう。
泣いていなくても安心はできません。
むしろ、泣いていない方が危険な場合もあるのでぐったりしてたり意識があるのかも確認しましょう。
また、血が大量に出ている際もすぐに救急車を呼んでください。
頭を打った後、症状がなくても48時間は様子を見ましょう。
朝になって嘔吐が止まらなくなったりする場合もあるので症状が出た場合は、早めに病院へ行く事をおすすめします。

スポンサーリンク

後頭部やおでこにたんこぶができる原因は、強く打った際に血管が破れ、内出血を起こすため腫れた状態になるからです。
出来た際に自宅での対処法は、早めに冷やす事です。
なるべく保冷剤や氷水でたんこぶを冷やしてください。
また、たんこぶが出来てから48時間はお風呂をさけるようにしましょう。
切り傷がある場合は、細菌が入らないように血を止めて清潔にするように心がけてください。
普段の生活では、転倒しないように生活環境を整える事が大切です。
床は赤ちゃんが転びやすくないか、テーブルや棚の角など危険な場所がないか確認しましょう。
キッチンや階段には近づけないようにガードをつけたりして下さい。
また、意外と多いのが電気コードでつまずく事です。
寝ている環境も気をつけてください。
ベビーベッドはしっかりロックがついていますが、目を離したすきに飛び降りてしまう事もあります。
目の届く範囲にベッドを置き、夜寝る時はお布団で一緒に寝てあげると安心です。
子供の成長はとても早いもので、歩き始めたかと思えば階段を登ろうとしたりと微笑ましい反面、心配な事も増えてきます。
常に目を配り子供が成長しやすい環境を作りたいですね。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

新生児の赤ちゃんにまれに見られるぶよぶよのたんこぶとは
たんこぶの原因や症状や処置・治し方・対処法あれこれです
乳児や幼児のぶよぶよたんこぶの対処法について
たんこぶの原因や症状や処置・治し方・対処法あれこれです
赤ちゃんのたんこぶが柔らかい場合には
たんこぶの原因や症状や処置・治し方・対処法あれこれです
幼児の頭に柔らかいたんこぶができた場合の対処法
たんこぶの原因や症状や処置・治し方・対処法あれこれです
赤ちゃんのたんこぶ応急処置には冷えピタで大丈夫です
たんこぶの原因や症状や処置・治し方・対処法あれこれです