子供 頭 打つ たんこぶ

子供が頭を打つことでできるたんこぶについての注意点

スポンサーリンク

 子供が頭を打つことで、たんこぶができてしまった経験はありませんか。
実は、たんこぶとは、皮下血腫と呼ばれるものになります。
おでこや頭などを打つことで、その部分が内出血する結果となることは多いです。
そうなると、子供の頭の頭蓋骨の一部分に血液やリンパ液などが溜まってふくらみます。
それをたんこぶと呼びます。
頭というのは、特に出血しやすい部位ですので、少し打ってもふくらんでしまうのです。
それに、なかには危険なたんこぶもありますので注意が必要です。
子供の場合は、やんちゃですので遊んでいて体のどこかをぶつけることはよくあります。
少しぐらいどこかを打つことがあってもほとんど心配はありませんが、もし吐き気や傷の化膿などの症状が発生したら、やはり病院へ連れていきましょう。
特に、出血が止まらなくなったような場合は、一刻も早く医者に診察してもらうことが必要となります。
できれば、傷の大きさなどについても、しっかり確認するのがおすすめです。
酷い場合は、救急車を呼ぶ必要もあります。

スポンサーリンク

では、それほど大したことのないたんこぶであれば、どうすればいいのでしょうか。
見た目に腫れも少なくて、素人が見ても大丈夫だと分かるたんこぶもあります。
まず、大丈夫だとすぐにわかる程度のものなら、すぐに患部を冷やすようにしましょう。
ふくれた部分を揉んだりしては、絶対にいけません。
氷を使って冷やしたり、濡れたタオルなどを使って冷やすのもおすすめです。
子供が頭を打った場合は、6時間ぐらいは必ず安静にさせるようにしましょう。
そうすれば、傷も酷くならずに自然に治っていきます。
しかし、大人がよく様子を見て、いつもと変わりがないかどうかを確かめることも必要です。
相手が子供や高齢者の場合には、特に注意して様子を見るようにしましょう。
ちょっとぶつけただけであるといっても、なかには危険なこぶもありますので、充分に気をつけておきましょう。
何か、少しでも様子に異常があるようなら、速やかに病院に連れていくことが大切です。
なるべく素早い対応をすることによって、治り方も変わってきます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

子供がたんこぶを作った時や子どものぶよぶよのたんこぶの対処法
たんこぶの原因や症状や処置・治し方・対処法あれこれです
子どもの頭に柔らかいたんこぶが出来る原因と対処法
たんこぶの原因や症状や処置・治し方・対処法あれこれです
子どもがおでこを強打してたんこぶができた時の対処法について
たんこぶの原因や症状や処置・治し方・対処法あれこれです
子供頭を打った時たんこぶが出来た
たんこぶの原因や症状や処置・治し方・対処法あれこれです