打撲 いつまでも痛い

打撲部分がいつまでも痛い時にはどうすれば良い?

スポンサーリンク

打撲は損傷の度合いによって痛みが異なります。いつまでも痛い時には、もっと重篤な損傷を想定しなければならないかもしれません。自分で判断するのではなく、医学的な面での現状把握を行うと、治療も効率的に行えるでしょう。

 

【打撲が治る一般的な期間とは?】
打撲は損傷の度合いによって治癒までの経過が異なります。ですが、大よそ1週間〜2週間で症状が軽快するはずです。

 

いつまでも痛いということは、打撲に加えて別な要素が関わっているかもしれません。治りが遅い時には、現時点での評価を医療機関に求めるのも良いでしょう。

 

【神経や血管が圧迫されると苦痛が多い】
打撲と言ってもいつまでも痛い場合、神経や血管の圧迫が強く起こっている可能性があります。力が入らなかったり痺れた感覚がある時には、神経にも影響が及んでいるはずです。

 

皮膚の色が変色するのは、打撲による皮下組織の損傷だけでなく、血管を圧迫しているせいで起こることもありますので、医療機関受診が望ましいです。

スポンサーリンク

【見た目とのギャップがあるかもしれない】
いくら打撃が軽かったとしても、損傷の度合いが進行していれば、当然ながらいつまでも痛い状態が続きます。症状に不安があるなら医療機関の受診がベストです。

 

内出血はひどく見えなくても、神経や血管への影響は見た目だけでは判断できません。痛みを解消するために鎮痛剤や消炎剤も使用できますので、医師に相談するだけでも現在抱えている不快を軽快させることができるでしょう。

 

いかがでしょうか。打撲は神経や血管への影響がプラスされると、見た目とのギャップが生じやすいものなので、いつまでも痛いという場合には、医療機関を受診して正しい処置を行うようにしましょう。痛みの軽快も消炎剤や鎮痛剤が使用できます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

骨に近い脛は痛みが長引く打撲になる可能性が高い
たんこぶの原因や症状や処置・治し方・対処法あれこれです
打撲後一ヶ月経っても痛みと痣がある時の対処法
たんこぶの原因や症状や処置・治し方・対処法あれこれです
打撲による後遺症への対策
たんこぶの原因や症状や処置・治し方・対処法あれこれです
痛みが過ぎた後に残る打撲後のしこりを治療するには?
たんこぶの原因や症状や処置・治し方・対処法あれこれです
打撲が治らない悩みを解決する方法
たんこぶの原因や症状や処置・治し方・対処法あれこれです
強い打撲
たんこぶの原因や症状や処置・治し方・対処法あれこれです