長引く 打撲 骨 痛み 脛

骨に近い脛は痛みが長引く打撲になる可能性が高い

スポンサーリンク

脛は骨に近い部分という特徴があり、長引く打撲の典型です。痛みが強いことも特徴的で、日常生活動作に大きな影響を与えるため、早めに対処して症状を和らげるのがおすすめ。弁慶の泣きどころと言われる部分の痛み対策は、きちんとした対応が重要です。

 

【脛は痛みが強く感じる部分】
骨に近い脛の部分は、衝撃を受けると直に痛みを感じるのが特徴的。ほかの箇所をぶつけるよりも、脛をぶつけた時の方が何倍も痛く感じるはずです。

 

何らかの衝撃で打撲になった場合には、動くたびに痛みを感じることもあるでしょう。もしも長引く打撲なのであれば、自己処理で解決するのではなく医療機関への相談がおすすめです。

 

【湿布が簡単に行える痛みの解消法】
現在ある症状を少しでも和らげるのであれば、湿布を患部に貼って過ごすのが良いでしょう。持続的に症状へアプローチができます。

 

ただ、長引く打撲は皮下組織だけでなく、神経や血管への影響も想定しなければなりません。

スポンサーリンク

【日常生活動作への影響を考える】
痛みを感じやすい脛の部分。骨がなんでもなければ動けないわけではありません。それでも、日常生活動作が鈍くなってしまうことが多いので、長引く打撲が嫌なのであれば、早めに医療的な措置を受けるべき。

 

打撲の初期介入は、医療側としては難しいものではありません。画像診断によってどのような状態であるかも把握できますし、神経症状についても問診から影響の有無を判断できます。

 

だからこそ、長引く打撲は骨をはじめとしたほかの組織への影響を踏まえて、正確な診断を受けるべきなのでしょう。

 

骨に近い脛の部分は、長引く打撲のリスクがあります。医療的な措置を講じることで不快な状態を和らげることができますから、湿布を使って自分で対応するだけでなく、早めに受診して対応方法を知るべきです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

打撲部分がいつまでも痛い時にはどうすれば良い?
たんこぶの原因や症状や処置・治し方・対処法あれこれです
打撲後一ヶ月経っても痛みと痣がある時の対処法
たんこぶの原因や症状や処置・治し方・対処法あれこれです
打撲による後遺症への対策
たんこぶの原因や症状や処置・治し方・対処法あれこれです
痛みが過ぎた後に残る打撲後のしこりを治療するには?
たんこぶの原因や症状や処置・治し方・対処法あれこれです
打撲が治らない悩みを解決する方法
たんこぶの原因や症状や処置・治し方・対処法あれこれです
強い打撲
たんこぶの原因や症状や処置・治し方・対処法あれこれです