打撲 一ヶ月 痛み 痣

打撲後一ヶ月経っても痛みと痣がある時の対処法

スポンサーリンク

 打撲は程度によって症状が継続します。でも、一ヶ月経過しても痛みと痣が残っているのであれば、それまでに医療的な措置を行っていない場合には、一度病院へ足を運ぶべき。打撲によるリスクを考えると、安易に放置してはいけない場合もあるのです。

 

【損傷の度合いで経過が違う】
打撲は1〜2週間ほどで痛みが消え、一ヶ月も経過すれば痣も消えるのが一般的。でも、状態が酷い場合には、痣が消えるまで2〜3ヶ月かかってしまうこともあるでしょう。

 

損傷の度合いによって経過が異なることを覚えておきましょう。

 

いつまでも痛みが消えないという時には要注意。一ヶ月も同じような痛みが継続しているのであれば、骨折の可能性も否めません。

 

【医療機関でできること】
打撲の対処は適切な診断によって、正しい治療を行うことができます。ですから、早く症状を解消できるでしょうし、痣が気になる方への対処も可能です。薬の処方もできますから、不快を小さくすることができるでしょう。

 

打撲の対応として、冷やすのと暖めるのとを使い分けることで、早く症状を収めることができます。ただし、素人が正しい判断ができるとは言えません。

スポンサーリンク

【一ヶ月先を見越すことも重要】
早めに医療機関を受診することは、今後の治療計画を立てるうえでも重要です。

 

打撲は珍しいものではありませんが、それが起こった部位や損傷の度合いによって、痛みも日常生活動作への不便さも異なります。

 

可能であれば先々を見越して、痛みを早めに叩くべきではないでしょうか。

 

【痣があるだけでも痛々しい】
本人は何でもなくても、痣が残っているだけでも痛々しく感じられます。これが解消するまでには一ヶ月以上かかることもあるので、早めに見た目のデメリットを解決したい場合には、医学的な力に頼るべき。

 

最近では痣対策にレーザー治療を行うこともあるので、まずはどんな治療が行えるのかを相談することから始めてみてください。

 

打撲によって起こることは様々ですが、一ヶ月を待たずして医療機関を受診すれば、今後の対応策がはっきりするでしょう。もしかすると骨折しているということも考えられますし、ほかのリスクが潜んでいることもあるので、早めの行動がおすすめです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

打撲部分がいつまでも痛い時にはどうすれば良い?
たんこぶの原因や症状や処置・治し方・対処法あれこれです
骨に近い脛は痛みが長引く打撲になる可能性が高い
たんこぶの原因や症状や処置・治し方・対処法あれこれです
打撲による後遺症への対策
たんこぶの原因や症状や処置・治し方・対処法あれこれです
痛みが過ぎた後に残る打撲後のしこりを治療するには?
たんこぶの原因や症状や処置・治し方・対処法あれこれです
打撲 治らない
たんこぶの原因や症状や処置・治し方・対処法あれこれです