打撲後のしこり 治療

痛みが過ぎた後に残る打撲後のしこりを治療するには?

スポンサーリンク

 打撲は痛みが伴う期間を経過すると、日常生活に支障のない動きができるようになるのが一般的。それでも、打撲後のしこりが残っている場合が少なくありません。それを治療するには、医療的な支援を受けることがおすすめです。

 

【打撲後のしこりができる理由】
打撲によってしこりが残るのは、内出血が体に吸収されていない証拠です。皮下組織が損傷を受け、それが神経や血管を圧迫すると、体の痺れや運動の不具合を起こします。

 

打撲により痛みが生じ、それ以外の身体症状を示さない場合にはさほど気を使う必要はないという考えが起こりがちですが、実際には打撲後にしこりがのこり、いつまでも解決しない問題が起こるかもしれません。

 

【硬いしこりは自己解決が難しい】
打撲後のしこりが硬い場合、自己解決が難しいかもしれません。自然に体の回復で解決できなければ、医療的な措置を講じなければならなくなります。

 

打撲は特別な治療を行うことなく、単純に体の機能で回復を待つという方法がスタンダードです。でも、積極的に治療を行って、日常生活に不便さを感じさせないのも、生活の質を保つ上では必要です。

スポンサーリンク

【最近の打撲対策】
打撲後のしこりが気になる人にとって、最近の対策を知ることで、新たな期待を抱くことができます。諦めていたという人でも、硬いしこりを解決すれば、日常生活で抱く不具合が小さくなるでしょう。

 

最近の打撲後のしこりに対する治療は、超音波による患部の刺激があげられます。治療を受ける患者の負担にも配慮されて行われるので、苦痛を感じることなく打撲後の問題解決が行えます。

 

【医学的な支援のおすすめ】
病院を受診すると、打撲後の治療に困ることはありません。痛みが引いてからでも、現在の状態を確認するために利用可能です。

 

医学的な支援を早期に取り入れることで、打撲後のしこりをはじめとした二次的な障がいを小さくすることができます。治療の必要が無いという結果を聞くだけでも良いでしょう。

 

打撲後のしこりは、然るべき対策を取るだけでも不便さを解消できます。それは、素人感覚で措置を取るのではなく、医学的視点から評価を行うべき。自己解決が難しいのも硬いしこりの特徴なので、しこり対策として超音波での対応を取り入れている施設を探すのも良いでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

打撲部分がいつまでも痛い時にはどうすれば良い?
たんこぶの原因や症状や処置・治し方・対処法あれこれです
骨に近い脛は痛みが長引く打撲になる可能性が高い
たんこぶの原因や症状や処置・治し方・対処法あれこれです
打撲後一ヶ月経っても痛みと痣がある時の対処法
たんこぶの原因や症状や処置・治し方・対処法あれこれです
打撲による後遺症への対策
たんこぶの原因や症状や処置・治し方・対処法あれこれです
打撲が治らない悩みを解決する方法
たんこぶの原因や症状や処置・治し方・対処法あれこれです
強い打撲
たんこぶの原因や症状や処置・治し方・対処法あれこれです