おでこ たんこぶ 柔らかい

おでこに柔らかいたんこぶができたら冷やしてから病院へ

スポンサーリンク

 赤ちゃんなどであれば、おでこをぶつけてしまい、たんこぶができてしまうことがあります。
たんこぶにもいろいろ種類がありますが、たいていの場合柔らかいものが多いです。
内部で出血していますので、まずは冷やすことです。
痛みを抑えることができますので、様子を見るとよいです。
できるならば、医師に診せて問題がないか確認してもらうとよいです。
ただし、ぶつけた際にたんこぶができないこともありますが、できるだけ早めに病院に行くことを忘れてはいけません。
痛みがなく、元気であってもおでこをぶつけているということは頭の骨が折れていることもあり得ます。
柔らかいたんこぶができていないからといって、安心してはいけません。
頭をぶつけている以上、適切に対応することが重要になります。
おでこをぶつけた時に、泣くなどして痛みの自覚があれば冷やすことから始めていけばいいです。
気をつけなければいけないのは、ぶつけたにもかかわらず何の反応も示さなければ、なるべく早く病院に連れていくことです。

スポンサーリンク

柔らかいたんこぶであっても、脳に影響がでていることもありえます。
名前を呼んでも反応がなかったり、痛みを感じていない様子であれば病院に行き脳の検査を受けることです。
たんこぶができたら、まずは冷やすことは変わりません。
早く冷やせば治りやすくすることができます。
ただし、直接氷をつけてはいけません。
頭の熱をとるものなどがありますので、それを使って冷やしてあげればいいです。
氷などを使うならば、ずっと冷やし続けるのではなく適度に冷やすのをやめることも必要になります。
大泣きなどして痛みがある状態ならば、脳への影響は少ないといえますが吐くなどの症状がでているならば、できるだけ早く医師に相談することが重要です。
赤ちゃんなどであれば、おでこなどをぶつけることはありますが、きちんとした対処をしなければいけません。
早い段階で、正しく対応していれば早く治すことができます。
まずは冷静になることです。
ぶつけた箇所を確認して、判断しづらいならば迷わずに病院を利用するとよいです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

おでこのたんこぶの対処法と治し方
おでこのたんこぶの対処法と治し方あれこれです
おでこのたんこぶがぶよぶよしているときには
たんこぶの原因や症状や処置・治し方・対処法あれこれです