頭 打つ たんこぶ

たんこぶは主に頭を打つことによってできることが多い

スポンサーリンク

 子供の頃に頭をぶつけたなどの理由でたんこぶを作った人がいると思います。
このたんこぶとは通称で、医療用語では頭血腫(とうけっしゅ)と呼ばれています。
具体的な内容の説明として、殴られたり頭を打つなどの強い衝撃を受けたとします。
この時、衝撃を受けた部分の皮膚の下にある血管が破れてしまうことがあります。
破れた血管からは血液が流れ出してしまいますが、皮膚は破れていないので流れた血液が外に出るための出口はなく、負傷場所周辺の体内に溜まってしまいます。
この現象は外見では皮膚がポコッと膨らんでいるような状態となって現れます。
医学用語ではこの現象は皮下出血と呼ばれるそうです。
ちなみに似た現象として内出血があります。
赤ちゃんや子供がたんこぶを作ってしまった時、中には触れるとかっちりしているものとブヨブヨと柔らかいものができることがあります。
同じ現象のはずが異なる状態になると心配する人が多くいますが、実は特に心配する必要はないのです。
きちんと処置を行うことで時間が掛かったとしても治るのですが、やはり不安な場合は医師の診察を受けてもらってください。

スポンサーリンク

頭を強く打つなどでたんこぶはできますが、適切な処置を行うことで治すことができます。
何より優先することは安静にして患部を冷やすことです。
これによって身体の中で起こっている出血を抑えることができます。
しかし中には打つ場所や衝撃の強さによって頭痛やめまい、意識がないこともあります。
外傷や状態が特に酷い場合は即座に救急車を呼び病院での治療を行ってください。
救急車を呼ぶ必要がない場合でも患部の冷却処置を忘れずに行います。
目安は1日ほどで濡れタオルや保冷剤を使って患部を冷やし続けてください。
この時負傷した患部に刺激を与えたり、温めたりしないようにしてください。
身体の中で起こっている出血を促してしまう恐れがあります。
他にたんこぶの大きさで症状を判断しないようにしてください。
患部が小さいから症状が軽いとの根拠はありません。
当たり所や衝撃の強さによっては小さな症状とは言えないことがあります。
また頭を負傷しているため、症状が悪化した場合は医師の診察を受けるようにしてください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

頭部を強打してもたんこぶができない場合には安心せずに注意を
たんこぶの原因や症状や処置・治し方・対処法あれこれです
頭にぶよぶよのたんこぶが出来た場合の対処法
たんこぶの原因や症状や処置・治し方・対処法あれこれです