子ども おでこ 強打 たんこぶ

子どもがおでこを強打してたんこぶができた時の対処法について

スポンサーリンク

歩き始めたばかりの子どもの頃は歩くのも不安定なのですぐに転んだりします。
転んだ時に床におでこを強打したり、また机の角などで強打してしまう事があります。
子どもの頃におでこにたんこぶが作った記憶がある人も多いと思いますが、子どもの頃はできやすい症状なのです。
たんこぶは皮下血腫とも呼ばれており、血管が切れて血液が溜まっている状態です。
おでこの場合皮膚の下は頭蓋骨なので内出血しても血液やリンパ液の行き場がないのでたんこぶとして現れてくるのです。
皮膚が盛り上がって炎症を起こすなどの症状が出るのが一般的です。
他に大きな症状が出なければそれほど大きな問題ではないので、数日すると腫れが落ちついて痛みが落ち着いてきます。
強打した後にふらつきやめまい、意識がないなどの症状が出ていれば頭に何らかの問題が出ていることも考えられるため早めに医師に相談する事が大切なのです。
ぶつけて大泣きすることが多いですが、びっくりしたり痛みのためなので問題はないと考えられています。

スポンサーリンク

子どもの頃は転んだりソファーから落ちるなどによっておでこを強打すると火がついたように泣き出す事があります。
最初の頃はびっくりしてどうしたらよいのかわからなくなってしまいます。
強打してもたんこぶができるくらいであればそれほど問題はないのです。
たんこぶは炎症を起こしている状態なので冷やしてあげることによって早めに治してあげる事ができます。
炎症を起こしている状態なので冷やすことが1番の対処方法であり、揉んだり温めてしまうと逆効果になるので注意が必要です。
意識がなくぐったりとしていたり、けいれんや麻痺などの症状が出ているのであれば小児科などで早く診てもらうことが大切です。
頭をぶつけているので大きく揺すったり動かすのは危険なのです。
何度も転んでたんこぶを作ってくると慣れてしまって大丈夫だと思いがちですが、このような症状が出ていたら放置せずに医師に診せる事が大きな問題に繋がらず、早めに対処できるようになるのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

子供がたんこぶを作った時や子どものぶよぶよのたんこぶの対処法
たんこぶの原因や症状や処置・治し方・対処法あれこれです
子供が頭を打つことでできるたんこぶについての注意点
たんこぶの原因や症状や処置・治し方・対処法あれこれです
子どもの頭に柔らかいたんこぶが出来る原因と対処法
たんこぶの原因や症状や処置・治し方・対処法あれこれです
子供頭を打った時たんこぶが出来た
たんこぶの原因や症状や処置・治し方・対処法あれこれです