子供頭を打った たんこぶ

子供頭を打った時たんこぶが出来た

スポンサーリンク

 子供は転んだり、落ちたりして頭を打つことがあります。
子供頭を打った時どのようなことに気を付けたらよいのでしょうか。
たんこぶが出来たら大丈夫などと言われてきましたが、これは誤解です。
たんこぶの有無にかかわらず、まずは全身の状態を確認します。
けいれん、意識がない、目は開いていても焦点があっていない、花や耳から出血または透明な液が漏れている、嘔吐、出血などの場合は救急車を呼ぶなどして、すぐに受診します。
また、体のほかの部分に怪我をしていないか、確認します。
そのような症状がない場合は、たんこぶの周辺を冷やして様子を見ます。
患部を揉むようなことは避けます。
少しでもいつもと違う様子が見られたら病院を受診します。
脳外科、脳神経外科が良いでしょう。
病院へ行ったら「どんなところで(高さ、材質など)」「どのように子供頭を打ったのか」聞かれますので、きちんと説明できるようにしておきます。
一晩は側にいて様子を見ます。
入浴は避けます。
翌日、元気にしているなら安心して良いでしょう。

スポンサーリンク

子供頭を打ったりしないように家具の配置などを考えます。
棚やタンスに登れないように、足場になるものを置かないようにします。
ベビーベッドからの転落を防ぐため、離れる時は必ず柵をするようにします。
注意していても転んだり、落ちたりすることもありますが、少しでも少なくなるような工夫は大切です。
子供が頭を打った時、大泣きする子供が多いです。
転んだり、落ちたりしたことに驚いていたり、頭を打った時の痛みで泣いていることが多いです。
まずは抱いて落ち着かせてあげましょう。
子供が小さい場合は、自分の状態を上手く説明できません。
親が体の状態をきちんと確認します。
しばらくは転んだところで遊ぶのを怖がることもあるでしょう。
親が側についていて安心させてあげることが大切です。
子供の様子について少しでも心配なことがあれば、病院を受診します。
専門家の意見を聞いたり、CTを撮るなどして問題がなければ、親も安心することが出来ます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

子供がたんこぶを作った時や子どものぶよぶよのたんこぶの対処法
たんこぶの原因や症状や処置・治し方・対処法あれこれです
子供が頭を打つことでできるたんこぶについての注意点
たんこぶの原因や症状や処置・治し方・対処法あれこれです
子どもの頭に柔らかいたんこぶが出来る原因と対処法
たんこぶの原因や症状や処置・治し方・対処法あれこれです
子どもがおでこを強打してたんこぶができた時の対処法について
たんこぶの原因や症状や処置・治し方・対処法あれこれです