子供 子ども たんこぶ ぶよぶよ

子供がたんこぶを作った時や子どものぶよぶよのたんこぶの対処法

スポンサーリンク

 たんこぶは医学用語で言うと皮下血腫になります。
頭をどこかにぶつけるとたんこぶができます。
特に子供はよく動き回るので、頭をどこかにぶつけたり、転んで頭を打ったりしてたんこぶを作りやすいです。
こぶは頭部にできることが多いのですが、頭部は腕や足と違い、皮膚の下がすぐ骨となっているので、リンパ管が切れてリンパ液が皮下にたまって腫れたり、内出血を起こした血液が行き場をなくして、その血液が皮下で膨らんでこぶになります。
腫れがある程度おさまり、家で安静にしていればリンパ液や血液は、リンパ管や血液に再吸収され戻ります。
頭を打った時の衝撃が大きいほど出血が多くなりこぶが大きくなります。
出血が多い場合は、血液が固まってしまい、こぶがそのままこぶとして残ってしまうこともあります。
出血が多いと脳に障害が出る場合もあるので、こぶを切開して血液を抜いたり、注射液で血液を吸い取ることもあります。
子どもが頭をぶつけて腫れがひかず心配な時は病院を受診するほうが安全です。

スポンサーリンク

子供が頭を打ち、ひどい衝撃でない小さいこぶの場合にはすぐに病院に行かずまず患部を冷やします。
水に濡らして絞ったタオルや氷のうなどを使います。
こぶができた日は半日ほど安静にします。
たんこぶが出来たら病院に行かなくても大丈夫と信じている人がいますが、それは間違いです。
大きなこぶの場合は頭蓋骨折や脳内出血も考えられるので、病院で診てもらった方が良いです。
大きいこぶでなくても頭痛がする、吐き気、嘔吐などがある場合は脳震とうを起こしていることも考えられるので、検査を受けた方が良いです。
子どもが頭を強打して緊急に受診が必要な時は意識障害を起こしている時(強打しても泣かないなど)です。
子どもが頭を打ってぐったりしていたり、嘔吐しているときは夜間でもすぐに診てもらう必要があります。
子どものこぶはぶよぶよと柔らかいことも多いです。
ぶよぶよのこぶは頭皮下出血の可能性が高いです。
こぶが硬くならずぶよぶよになることがあります。
このぶよぶよのこぶのことを帽状腱膜下血腫といいます。
この場合はCT検査で脳内に異常がなければ、心配する必要はなく、自然と血液は血管に吸収され、こぶは消えていきます。
頭皮下出血のたんこぶは打った直後は赤く腫れ、その後青あざとなり、1週間ぐらいで黄色いあざとなり、2週間程度経過すると目立たなくなります。
子供は動き回ってこぶを作ることも多いので対策を知っておくと、慌てずに済みます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

子供が頭を打つことでできるたんこぶについての注意点
たんこぶの原因や症状や処置・治し方・対処法あれこれです
子どもの頭に柔らかいたんこぶが出来る原因と対処法
たんこぶの原因や症状や処置・治し方・対処法あれこれです
子どもがおでこを強打してたんこぶができた時の対処法について
たんこぶの原因や症状や処置・治し方・対処法あれこれです
子供頭を打った時たんこぶが出来た
たんこぶの原因や症状や処置・治し方・対処法あれこれです