頭 たんこぶ ぶよぶよ

頭にぶよぶよのたんこぶが出来た場合の対処法

スポンサーリンク

 頭を強くぶつけた時に患部が硬くなったり柔らかくぶよぶよに膨れ上がる事があります。
硬い方は皮下組織内に血液が固まる事によって出来るもので、これを皮下血腫と言います。
頭に皮下血腫が出来ていたとしても呼びかけに対する反応があれば心配する事はありませんし、急いで病院に行く必要もありません。
応急処置を施してからしばらく様子を見ましょう。
しばらくして身体に何か異常を感じた場合はすぐに病院へ行きましょう。
たまに見られるぶよぶよのたんこぶは、本来なら硬くなるはずがぶよぶよと柔らかい風船のような感触になります。
これを帽状腱膜下血腫と言います。
これは患部が皮下出血を起こしていて、そこに血液が溜まっている為にぶよぶよの感触になります。
血液が固まらずに血腫がどんどん大きくなったり広がったりする事もあります。
たまに頭の形が変わることもありますがCTで異常がなければ大丈夫です。
時間はかかりますが必ず治るものですので心配する事はありません。

スポンサーリンク

たんこぶが出来た時の対処法で大事な事は患部を冷やす事です。
たんこぶは内出血で起こる炎症です。
まずは氷水に浸したタオルを患部に当てて安静にしましょう。
冷やす事によって治りも早くなるので出来るだけ激しい運動やお風呂などは控えてください。
また、患部はなるべく触らないようにしてください。
ぶよぶよの柔らかいたんこぶの場合は触ると出血が広がってしまう恐れがあります。
呼びかけに反応したり手足の動きに異常がなければしばらくは様子見で構いません。
ただのたんこぶであれば自然に治る事の方が多いので心配はいりません。
しかし吐き気や眩暈、痙攣、頭痛などの症状がある場合にはすぐに病院に連絡してください。
頭を打ち付けた事で内部に何かが起きて脳に悪影響を及ぼしている可能性があります。
少しでもおかしい事があればすぐに病院へ行きましょう。
ぶよぶよのたんこぶの場合は安静にしていても腫れがどんどん大きくなる事があります。
心配がいらない事も多いですが念の為に病院に行く事をおすすめします。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

たんこぶは主に頭を打つことによってできることが多い
たんこぶの原因や症状や処置・治し方・対処法あれこれです
頭部を強打してもたんこぶができない場合には安心せずに注意を
たんこぶの原因や症状や処置・治し方・対処法あれこれです